文鳥

文鳥さんの爪切り②~爪切り奮闘記 5年目にして初成功!~

文鳥ライフが始まって早5年目。ついに、ついに…初✨爪切りに成功しました!

放鳥時、のん(白文鳥、♂)の後ろの爪が服に引っかかって危なかったので、いつものように病院に連れて行こうと思いましたが木曜日はお休み。どうしようか悩みつつも、自宅で切ってみることにしました。

いつも一人で爪を切ろうとして断念してしまうので、今回は二人で挑戦。一人が保定して、一人が切る。

動くと危ないので保定はしっかり、でも握りしめず、血管の位置をよくよく確認して、えいやっ!

コツは、爪を切る時の振動をできるだけ小さくするために、
①爪を切る指の根本をしっかり押さえること
②専用の爪切りを使うこと
です。爪を切ったときの振動が大きいと、本当に嫌がるし、怖がります。

以前、人間用の爪切りでのんの爪を切ったことがあったのですが、振動にびっくりしたのか足をひゅっと引っ込めて、何とも言えない表情をしていました💦そのため1本で断念。飼い主の爪切りが下手なだけなので、使いやすければもちろん人間用の爪切りでもOKだと思います!

飼い主は冷や汗ダラダラ、心臓バクバクでしたが、初爪切り成功しました~!(後ろの爪2本だけですけどね(笑))
のんもしばらくはふてくされていましたが、5分もすればいつも通り甘えてきてくれました。よく頑張ったね♥

今年の目標である【自宅で爪切りができるようになる】達成です✨

ただ、なすび(白文鳥、♂)やじゅう(白文鳥、♀)は激しくイヤイヤするので、病院の先生にお任せしたほうがよさそうです(笑)

怖いと思ったら中止する、1本切るごとに休憩を挟むなど、文鳥さんと飼い主両方に無理のないよう今後も爪切りしていこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!