文鳥

ペットヒーター ひよこ電球の交換

9月も下旬。
すっかり涼しくなって、朝夕は肌寒くなりました。そろそろ文鳥さんのゲージを暖かくしてあげないと、と思い久しぶりにペットヒーターのスイッチをつけてみたところ、ん?なんか焦げ臭い…。
確認してみたところ、ひよこ電球のフィラメントが焦げて真っ黒になっていました💦

↓ヒーターについてはこちら。

去年の秋にひよこ電球を新調したのですが、秋~冬~春と長い期間お世話になっているので、もう寿命なのかもしれません。今年も新たに購入しました。

ヒーターのカバーはまだ使えそうだったので綺麗に掃除しました。カバーはフンや餌の殻などで意外と汚れる&汚れたままにしておくと危険なので、気になったら掃除するようにしています。

我が家では、ゲージの大きさに合わせて、20W、40W、60W、100Wを使い分けています。
1~2羽のゲージ→20W、40W
3羽~のゲージ→60W、100W
くらいが、出力的にも、ヒーターの大きさ的にもちょうどいいかなと思っています。

60W、100Wはパワーが強いので、温度管理のためのサーモスタットをお忘れなく。

文鳥さんたちが体調を崩さず秋を乗り切ってくれたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!